トロの語源・由来


【意味】
マグロの腹側の脂肪に富んだ部分。大とろ・中とろ・に分け、大とろの方がより脂肪分に富む。刺身・鮨種として賞味。

【語源・由来】
「トロ」は、口に入れたときに、「とろり」とする舌ざわりから。
「トロ」と呼ばれる前は、脂身という意味で「アブ」と呼ばれていた。冷蔵技術がない時代は、脂身は劣化しやすかったため、赤身の方が上等な部位とされた。本来は、マグロの部位を指すことばだが、豚肉の「豚トロ」、鮭の「トロサーモン」のように、マグロ以外にも脂ののったものを指すようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事