せいしのひそみにならう【西施の顰に倣う】の語源・由来


【意味】
定見もなく、やたらに人のまねをする。また、人の言行を見習うことを謙遜していう。

【語源・由来】
「荘子」天運から。中国春秋時代、越の国の西施という美女が胸の病のために苦しげに眉をひそめたのを醜女が見て美しいと思い、自分もそのまねをしたが、それを見た人は気味悪がって門を閉ざした。いたずらに人の真似をして世の物笑いになることにいう。また、他人に見倣ってすることを謙遜していう。単に「顰に倣う」とも。「顰」は、動詞「ひそむ(顰む)」の連用形で眉を顰め顔をしかめること。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事