ツツジ【躑躅】の語源・由来


【意味】
ツツジ科ツツジ属の常緑または落葉低木の通称。山地に多く自生、または観賞用として栽培。小枝を多く分岐し、絵だ・葉には細毛がある。春から夏にかけ、赤・白・紫・橙色などの大形の合弁花を単立または散形花序に開く。種類が多い。ヤマツツジ・レンゲツツジ・サツキツツジなど。

【語源・由来】
「ツツジ」は、「続き咲き木(ツヅキサキギ)」からという説、つぼみの形が女性の乳頭に似ていることから「垂乳(タルルチチ)」の略転という説、「綴り茂る(ツヅリシゲル)」がもとになったという説など諸説ある。漢字表記「躑躅」は漢名からで、「てきちょく」と読み、行っては止まる、ためらうという意味で、花があまりに美しいことから、見る人の足を止めてしまうという意味でこの漢字が使われたと考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事