びほう【弥縫】の語源・由来


【意味】
失敗や欠点を一時的にとりつくろうこと。一時の間に合わせ。

【語源・由来】
「弥」も「縫」もほころびを縫いつくろうという意味。「春秋左氏伝」では、戦車と戦車の間を歩兵で埋めて陣を補強する意味で使われている。転じて、失敗や欠点をとりつくろう意になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事