きょうげんまわし【狂言回し】の語源・由来

【意味】
物事の進行を担当する役割の人。

【語源・由来】
狂言や歌舞伎の世界から生まれた言葉。筋の運びやテーマの解説に必要な役割を務める役柄のこと。「狂言」は、芝居のことで、芝居を展開させる役。必ず主役というわけではなく、脇役が務めることも多い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク