ブルドックの語源・由来

【意味】
イヌの一品種。イギリスで雄牛(ブル)との格闘犬として作出。毛色はふつう茶、腹側は白い。肩高約40センチメートル。頭は大きく、口は幅広く、独特のしゃくれた顔をしている。四肢は筋骨たくましく、耳は小さく尾も短い。現在は愛玩用。ブルドッグ。

【語源・由来】
「ブルドッグ」は、英語「bulldog」から。「bulldog」の「bull」は、「雄牛」のこと。イギリスで雄牛(bull)との格闘犬として作出されたことから名付けられた。ブルベイティングが禁止されてからは、改良され、温順な性質になった。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る