ふるい【古い・故い・旧い】の語源・由来


【意味】
①昔のことである。
②存在してから長い年月を経ている。以前から伝わっている。
③長い間使いならして古びている。
④年老いている。年功を積んでいる。
⑤陳腐だ。珍しくない。
⑥新鮮でない。

【語源・由来】
「ふるい」は、年を経る、ふるくなる、新鮮でなくなるの意の動詞「ふる(古・旧)」の形容詞形。「ふる(古・旧)」は、「へる(経る)」の古形「ふ」の連体形「ふる」から生じた語。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事