ふくごうおせん【複合汚染】の語源・由来


【意味】
複数の有毒物質が混じり合うことによる、毒性の高い汚染。

【語源・由来】
一九七四年一〇月一四日から一九七五年六月三〇日まで、朝日新聞に連載された有吉佐和子の長編小説。環境汚染問題について社会に警鐘を鳴らすことを目的として書かれた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事