うけにいる【有卦に入る】の語源・由来


【意味】
幸運にめぐりあい、良いことばかりが続くこと。

【語源・由来】
陰陽道で、生まれた干支に基づいた幸運の年回りのこと。有卦の吉年は七年続き、無卦(不運の年回り)の凶年は五年続くという。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事