うわのそら【上の空】の語源・由来


【意味】
他のことに心を奪われて、注意が集中しないさま。

【語源・由来】
もとは「空の上方」の意だが、平安時代、「上の空(うはのそら)」として、すでに「心が落ち着かない」意で使われていた。落ち着かないさまを意味する「心空なり」という形容動詞があるため、「空なる心」を強調する表現として「うわの空なる心」と使われた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事