うのめたかのめ【鵜の目鷹の目】の語源・由来

【意味】
物を熱心に探し出そうとするさま。また、そのときの鋭い目つき。

【語源・由来】
鵜が水中で魚を、鷹が空中で獲物を狙っているときの鋭い目つきから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク