とんちんかん【頓珍漢】の語源・由来

【意味】
言動にどこか抜けたところがあって、ちぐはぐなこと。また、そういう人。

【語源・由来】
鍛冶屋(かじや)で師匠の打つ槌に合わせて入れる弟子の槌の音は、交互に打つので「トンチンカン」とずれて響く。その打つ音がそろわないところから。「頓珍漢」は当て字。

スポンサーリンク
スポンサーリンク