とっくり【徳利】の語源・由来


【意味】
①陶製・金属製もしくはガラス製の細く高く、口のすぼんだ器。酒・醤油・酢などを入れておくもの。特に、酒を入れ、杯に注ぐ器。とっくり。銚子。
②(水中に入れれば沈むことから)水泳のできないものをあざけっていう語。
③とっくりの形に似た襟。タートル-ネック。

【語源・由来】
「とっくり」は、「とくり」の促音化した語。狭い注ぎ口から「とくとく」と液体が出てくることからとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事