とりこしぐろう【取り越し苦労】の語源・由来


【意味】
将来のことをあれやこれやと考えて、つまらない心配をすること。杞憂。

【語源・由来】
「取り越し苦労」の「取り越し」は「取り越す」という動詞を名詞化したもので、江戸時代から見られる語。期日を繰り上げて行事を行うことをいう。期日を繰り上げるには、それに間に合うよう先のことを考えなければいけないことから、「将来のことをあれやこれやと考える」という意味になった。このことから、起きるかどうかわからない先のことを不必要に心配して思い悩むことを「取り越し苦労」というようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事