そうごう【相好】の語源・由来


【意味】
顔つき。顔かたち。

【語源・由来】
仏教用語で、仏の身体にそなわる美しく立派な身体的特徴である「三十二相八十種好」を略した言葉。後に、顔つきや表情の意に転じたもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事