かんねん【観念】の語源・由来


【意味】
①ある物事についての考え。
②覚悟すること。あきらめること。

【語源・由来】
仏教用語で「観想の念仏」の略。瞑想法の一で、精神を集中させ、仏や浄土の姿を思念することをいい、そこから、物事に対してもつ考えや意識の意味が生じた。知恵によってあらゆることを観察すること。明治に入り、西周(にしあかね)が英語のアイディア(idea)の訳語として用いてから、ある対象について抱く意識内容を指す哲学用語として定着した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事