ひがん【彼岸】の語源・由来


【意味】
年に二回、春分と秋分の日をはさんだ七日間。また、その間に行われる仏事。彼岸会。

【語源・由来】
梵語pāramitāの漢訳「到彼岸(とうひがん)」の略。悟りに至る修行、また、悟りの境地をいう。迷い煩悩に苦しむわれわれの住む世界が「此岸(しがん)」であり、「彼岸」はかなたの目標の地である。彼岸にお墓参りなどの仏事を行うのは日本だけの習慣で、お盆と並ぶ最大の行事。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事