ぜんもんどう【禅問答】の語源・由来


【意味】
何を言っているのか分からない問答。また、かみ合わない問答。

【語源・由来】
禅宗で、修行僧が疑問を投げかけ、師がこれに答える一連の問答のこと。悟りをひらくために、禅宗の僧が行う修行法の一つ。一般の人には、多く何を言っているのか理解できないことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事