しらはのやがたつ【白羽の矢が立つ】の語源・由来


【意味】
大勢の中から選び出されることのたとえ。

【語源・由来】
元々は、大勢の中から犠牲者として選び出されるという意味から。昔、いけにえを求める神が、誰も見ていない間に気に入った少女の住む家の屋根に白羽の矢を立てたという俗信から。現在では多く、選出されて名誉を担うという意味で使われる。「白羽が立つ」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事