さんもんばん【三文判】の語源・由来


【意味】
出来合いの安い印判のこと。

【語源・由来】
「三文」は江戸時代以前の通貨で、一文銭三枚のことで非常に安価なこと。「判」は印判の意。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事