さんびょうしそろう【三拍子揃う】の語源・由来


【意味】
①3種の楽器の拍子が揃う。
②3つの要件がすべて備わっている。

【語源・由来】
「三拍子揃う」の「三拍子」は、小鼓・太鼓・大鼓など3種の楽器で拍子をとることをいう。三拍子が揃うと、調和がとれることから、3つの要件がすべて整っているという意味になった。元は、プラスのイメージに用いられ語だったが、江戸後期には「飲む・打つ・買う」など、マイナスのイメージにも用いられるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事