サクラソウ【桜草】の語源・由来


【意味】
サクラソウ科サクラソウ属植物の総称。種類が多く、北半球全体に約250種が知られる。春から夏にかけ白・紅・紫・黄・絞りなどの美しい五弁花を開く。その一種のサクラソウは、多年草で、川原や山地に自生する。江戸時代からの園芸品種も多い。日本桜草。

【語源・由来】
「サクラソウ」は、花の形が桜に似た五弁花であることから名付けられた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事