さばをよむ【鯖を読む】の語源・由来


【意味】
自分の得になるように数をごまかす。特に年齢をごまかす。

【語源・由来】
魚の鯖は傷みやすく数も多かったため早口で数えられ、後から数えなおすと実際の数と合わないことが多かったことから。また刺鯖(背開きにして塩漬けしたもの)を数えるとき、二尾を連ねて一刺しと数えることから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事