さとう【左党】の語源・由来

【意味】
酒好きの人。左利き。

【語源・由来】
江戸時代、鉱山で働く人たちの間で用いられた金山詞(かなやまことば)。彼らは右手に金槌をもち、左手に鑿(のみ)を持つことから、右手を槌手(つちて)、左手を鑿手(のみて)といった。俗に酒飲みを「左利き」というのは、この「鑿手」に「飲手」をかけたもので、「左党」もここから生じたとされる。「ひだりとう」とも読む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク