おちゃっぴいの語源・由来


【意味】
①(「お茶挽き」の転)働いても金にならないこと。
②多弁で滑稽なまねをする娘。おませな小娘。

【語源・由来】
遊女や芸妓が客がなくてひまなこと。また、はやらない遊女や芸妓を意味する「お茶挽き」の転といわれている。ひまな時には、茶葉を臼にかけて粉にする仕事をしていたことから「お茶挽き」と呼ばれる。客もつかず、お茶ばかり挽いているような遊女には、多弁でしとやかさに欠ける者が多かったことから、おしゃべりで滑稽なまねをする娘やおませな娘を意味するようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事