おやま【女形】の語源・由来

【意味】
歌舞伎で、女の役を演じる男の役者。

【語源・由来】
江戸時代のはじめ、操り人形芝居の名人に小山次郎三郎という人がいた。たいへん巧みに女の人形を操ったので、その人形を「小山人形」というようになった。やがて、遊女の人形を操る人形遣いを「おやま」というようになり、これがかぶきのせかいでももちいられるようになったことから。「おんながた」とも読む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク