にのくがつげない【二の句が継げない】の語源・由来

【意味】
次に言う言葉が出てこない。あきれたり驚いたりして、次に言うべき言葉を失う。

【語源・由来】
「二の句」とは、雅楽の朗詠で三段階あるうちの二段目の句のこと。一段目は低音域、二段目は高音域、三段目は中音域である。高音域のまま詠じ続けて、息切れしやすく難しいことから、声に出せないさまを「二の句が継げない」と言うようになった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク