ナス【茄子】の語源・由来


【意味】
ナス科の野菜で、栽培上は一年草。インド原産とされ、広く温帯・熱帯で栽培。茎は80センチメートルに達し、葉は卵型。夏、秋に淡紫色の合弁花を葉の付け根に開く。果実は倒卵形・球形または細長い楕円形で、紫黒色または黄白色、長さ20センチメートル以上になるものもある。食用とする。栽培品種がきわめて多く、加茂茄子など各地方に独特のものがある。
②茶入れの一種。濃茶を入れるのに用いる陶製小壺で、口がすぼんで胴の膨らんだもの。唐物(からもの)が最上品とされる。

【語源・由来】
「なす」は、夏が旬であることから、「夏の実」や「夏味(なつみ)」から転じたという説、中が酸っぱい実、という意味で「中酢実(なすみ)」からとする説など諸説ある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事