ないてばしょくをきる【泣いて馬謖を斬る】の語源・由来


【意味】
規律を保つためには、愛するものをも止むを得ず処分する意。

【語源・由来】
「三国志」「蜀志」馬謖伝の故事から。蜀の諸葛孔明は、腹心の部下だった馬謖が命に背いて魏に大敗したために、軍律違反のかどでやむなく斬罪に処したという。「涙を揮(ふる)いて馬謖を斬る」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事