なまびょうほう【生兵法】の語源・由来

【意味】
十分身についていない知識や技術。生半可な学問のこと。

【語源・由来】
「兵法」は武術の心得のこと。「生」は中途半端であることを示す接頭語。ここから、中途半端に武術を心得ていることを意味し、転じて、知識や技術などがまだ身についていないことをいう言葉となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク