ナデシコ【撫子】の語源・由来


【意味】
①ナデシコ科の多年草。秋の七草の一つ。日当たりのよい草地・川原などに自生。高さ数十センチメートル。葉は線形。8~9月頃、淡紅色の花を開く。花弁は5枚で先が糸状に裂けている。種子は黒色で小さく、利尿に有効。カワラナデシコ。ヤマトナデシコ(同属のセキチクをカラナデシコと呼ぶのに対していう)。とこなつ。広義にはナデシコ科の一群の草本の総称で、自生種のほか園芸品種も多い。
②襲(かさね)の色目。表は紅、裏は薄紫。または、表は紅梅、裏は青。とこなつ。
③紋所の名。①の花を取り合わせて描いたもの。
④愛撫する子。和歌などで、多く①にかけて用いる。

【語源・由来】
「なでしこ」は「撫でたくなるほど可愛らしい」という花の姿を愛児にかけた語とされる。古くは、夏から秋にかけて咲くことから「とこなつ」とも呼んだ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事