かすり【絣・飛白】の語源・由来


【意味】
所々かすったように文様を織り出した織物または染文様。文様を織り出したのを織絣、模様を染め出したのを染絣という。

【語源・由来】
「かすり」は、かすったような模様が規則的に織り込まれていることから。「掠れる(かすれる)」の他動詞形「掠る」の連用形。漢字の「飛白」は、漢字の書体の一つで、刷毛でかすれ書きにしたものを指し、「かすり」の模様に似ていたことから当てられた字。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事