かんこう【観光】の語源・由来


【意味】
他の土地を視察すること。また、その風光などを見物すること。観風。

【語源・由来】
「観光」は、『易経』の「観光」からで、「国の光を観る」という記述で見られ、「国の威光を観察する」という意味で使われた。日本では、明治ころから見られはじめ、大正以降、英語「tourism」の訳語として使われるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事