かいかどん【開化丼】の語源・由来

【意味】
牛肉(または豚肉)と玉ねぎを甘辛く煮て卵でとじ、丼のご飯にのせたもの。

【語源・由来】
明治の文明開化期に、庶民に普及しつつあった牛肉と新しくはいってきた玉ねぎを使い、文明開化の名にふさわしい料理だったところからいう。

50音インデックスで逆引き検索