じょうろく【丈六】の語源・由来


【意味】
あぐらをかくこと。

【語源・由来】
「丈六」は、もともと、釈迦の身長が一丈六尺(約四・八五メートル)あったというところから、この大きさの仏像を指す。仏像が、多く結跏趺坐 (けっかふざ)(足を組んだ姿)であるところから、あぐらをかく意味が生じた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事