じゅうごや【十五夜】の語源・由来


【意味】
①旧暦の毎月15日の夜。三五の夕。
②特に、旧暦8月15日の夜。仲秋。芋名月。

【語源・由来】
陰暦の毎月15日の満月の夜のことで、通例は、陰暦8月15日をいう。秋(旧暦7・8・9月)の最中(もなか)に当たるから仲秋といい、また月に芋を供えるので芋名月という。古来、観月の好時節とされ、月下に宴を張り、詩歌を詠じ、民間では月見団子・芋・枝豆・栗などを盛り、神酒を供え、芒(すすき)・秋草の花を盛って月を祭った。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事