しおり【栞】の語源・由来


【意味】
書物の間に挟む目印。

【語源・由来】
もとは「枝折り」(しおり)。動詞「枝折る(しおる)」の連用形が名詞化された語。山道を行くとき、木の枝を折って、帰りの目印としたことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事