いちみ【一味】の語源・由来


【意味】
①(フランス語から)仏説は時と所に応じて多様であるが、その本旨は同一であること。
②事または理の平等をいう。
③味方をすること。また、その人々。仲間。同志。現代では、特に悪事の集団にいう。
④官報で薬種の一品。
⑤独特の味わいがあること。

【語源・由来】
「一味」は仏教語で、時と所に応じて多様であるが、その本旨は同一であるといった教えであった。その意味から、「一味」は、仲間や同志の意味となった。のちに悪事の集団にいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事