いちひめにたろう【一姫二太郎】の語源・由来


【意味】
子を持つには、長子は女で、次子は男が良いという言い伝え。

【語源・由来】
「一」は一番目、「二」は二番目の意。「太郎」は長男の意で、長子(長男)相続を唯一の相続形態とした旧民法の時代には、家を守るためにも、まず男子の誕生が待ち望まれた。「一姫二太郎」は、最初に女子が生まれた人への慰めの言葉として用いられてきたといわれる。また、女の子の方が男の子より夜泣きが少なく、手がかからないため、子どもは最初は女の子で、次に男の子が生まれるのが育児の理想形だと考えられていることから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事