いそうろう【居候】の語源・由来

【意味】
他人の家に住んで、養ってもらっている人。食客。厄介。掛り人。

【語源・由来】
江戸時代の公文書で、同居人であることを示す肩書きとして用いられた言葉。「××方居候 〇〇」とあるのは「〇〇は××の家に居ります」という意味。「候」は丁寧語。

スポンサーリンク
スポンサーリンク