ごくらく【極楽】の語源・由来


【意味】
①阿弥陀仏の居所である浄土。西方十万億土経たところにあり、全く苦患(くげん)のない安楽な世界で、阿弥陀仏が常に説法している。阿弥陀仏を信仰するものは死後ここに生まれるという。極楽浄土・安養浄土・西方浄土・安楽世界・浄土など多くの異称がある。
②きわめて安楽な場所や境遇。

【語源・由来】
極楽は、「幸福のある場所」を意味するサンスクリット語の「sukhāvatī」から。阿弥陀仏信仰の広まりとともに、「極楽」という語が一般に浸透し、のちに、安楽な場所や境遇を指すようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事