コウナゴ【小女子】の語源・由来


【意味】
イカナゴの別称。またその佃煮などの加工品。

【語源・由来】
「コウナゴ」は、「イカナゴ」の中でも小さいものを指すことから、「小イカナゴ」が変化したものともいわれる。また、ウナギのような体をしていることから、「小ウナギ」が変化したものともいわれる。成魚は、女郎人(めろうど)、古背(ふるせ)、大女子(おおなご)と呼ぶ地方がある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事