芸術は長く人生は短しの語源・由来


【意味】
芸術家の命は短くとも、すぐれた芸術は永遠に残る。

【語源・由来】
古代ギリシャの医者ヒポクラテスが述べた言葉。Ars longa, vita brevis.から。もとは、「医術を学ぶには長い月日を必要とするが、人生は短いので怠らず励むべきだ」と言った言葉だったが、転じて、芸術作品は作者の死後も後世に残るが、芸術家の生命は短いという意になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事