コペルニクス的転回の語源・由来


【意味】
物の見方や考え方などを従来のものから正反対に変えること。

【語源・由来】
ドイツの哲学者カントが、自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。主観が客観に依存するのではなく、客観が主観に依存するという新しい説を唱えたとき、コペルニクスが天動説を覆し、地動説を唱えたことになぞらえた言葉。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事