えんにち【縁日】の語源・由来


【意味】
ある神仏の降誕・示現など、特別の縁があるとして祭典・供養を行う日。この日に参詣すると大きな功徳があるとされる。毎月5日を水天宮、25日を天満宮、8日を薬師、18日を観音、28日を不動尊の縁日とする。参詣人目あての露店が出てにぎわう。

【語源・由来】
元は、仏教について由来(縁)がある日という意味の「有縁日から。縁日は、露店が出る祭りと誤解されているが、参詣が主である。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事