でんがく【田楽】の語源・由来


【意味】
①日本芸能の一つ。平安時代から行われた。もと、田植えなどの農耕儀礼に笛・鼓を鳴らして歌い舞ったものに始まるというが、やがて専門の田楽法師が生まれた。笛吹きを伴い腰鼓・銅鈸子・簓などを鳴らしながら踊る田楽躍と、高足に乗り品玉をつかい刀剣を投げるなどする曲技とを本芸としたが、能をも演ずるようになった。後に衰え、寺社の行事だけに伝えられる。
②田楽返しの略。
③豆腐を長方形に切って串にさし、味噌を塗って火にあぶった料理。
③田楽焼の略。

【語源・由来】
③の語源。形が、日本芸能の一つ、田楽の、田楽法師の高足(こうそく)に乗って踊るさまに似ることからいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事