ていかに【定家煮】の語源・由来


【意味】
魚介類を塩と酒だけで味付けした料理。

【語源・由来】
定家煮は江戸時代に人気があった料理で、鎌倉時代前期の歌人、藤原定家の「来ぬ人を まつほの浦の夕なぎに やくやもしおの 身もこがれつつ」にちなんでつけられた料理名。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事