ティーツリーの語源・由来


【意味】
フトモモ科コバノブラシノキ属の常緑植物。オーストラリア原産で、葉からティーツリー油をとる。

【語源・由来】
「ティーツリー」は、英語「tea tree」から。お茶(tea)の木と勘違いされるため、「Ti tree」と表記されることもある。「tea tree」は、オーストラリアの先住民アボリジニが、古くから、葉を煎じてお茶として飲んだり、葉を噛んで、咳や喉の痛みを和らげるなどして、治療に用いていた。1770年に、英国の海洋探検家、ジェームズ・クック船長が、オーストラリアを発見したとき、アボリジニたちが葉を煎じて飲み物を作っていることを知り、クック船長が、ティーツリー(tea tree)と名付けて、その後、ヨーロッパに広がったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事