クレープの語源・由来


【意味】
①表面に縮緬(ちりめん)のような皺がある織物。
②小麦粉・牛乳・卵などを混ぜ、鉄板などでごく薄い円形に焼いたもの。ジャム・チーズ・ハムなどをくるんで食べる。

【語源・由来】
「グレープ」は、フランス語「crepe」から。元々は、縮緬のような皺がある織物を指す語。「クレープ」を焼いた時に、生地の焼き目が縮緬に似ていたことから名付けられた。フランス北西部のブルターニュで生まれた料理で、蕎麦粉で作ったガレットが変化したもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事