グレープフルーツの語源・由来


【意味】
ミカン科ザボン類の大形柑橘類。果序がブドウのように総状なのでこの名がある。アメリカで作出された栽培品種。果実は夏蜜柑ほどの大きさで、皮は黄色。味は夏蜜柑より酸味が少なく、生食・ジュース用。北米南部やイスラエルで大規模に栽培。

【語源・由来】
「グレープフルーツ」は英語「grapefruit」からで、ぶどう(grape)のように房状に実をつけることからこの名がある。
1814年にジャマイカで、この名が用いられた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事